本文へスキップ
HOME 問い合わせ・アクセス みがく講習会 特別講習会案内                    青少年育成事業 修養団(SYD)とは リンク
お知らせ
@みがく特別講習会
忘れていた日本人の心 人間の“活力”の素晴らしさを呼び覚ます講習会
※平成30年2月開催いたします

A初詣 新春の集い 初詣・新春の集い・思い出画像
「心のふるさと」「魂の故郷」とも呼ばれ遠い祖先よりあこがれ慕われてきた
 「祈り」の地“伊勢”で新春を寿ぎましょう。
※平成30年 1月7日(土)〜8日(日) 申込⇒ 申し込みフォーム

B神嘗祭特別講習会


神宮の三節祭のなかの「神嘗祭」にあわせた講習会。
※10月15日(土)〜17日(月)
  案内パンフ⇒神嘗祭特別講習会
  お申込みは⇒申込フォーム

C共催事業
月次祭(6月・12月)にあわせた、集いの会を共催しています。

A、伊勢の風を感じる会 6月16日(木)〜17日(金)
  終了いたしました。
B、神話を体感する会 12月16日(土)〜17日(日)

  開催予定。








みがく特別講習会
心をみがき人間をひとまわり大きくする
みがく特別講習会

忘れていた日本人の心と、人間の“活力”の
素晴らしさを呼び覚ます2日間。
愛と奉仕の心を大切に、潤いのある家庭や
地域社会、職場を 作っていこうとする
修養団の「愛汗精神」“愛と汗の実践”を
基本理念にすすめます。
自己を見つめ、新たに自分を発見する修練の場です

講習会開催日

平成30年開催日(各会、土曜日〜日曜日の1泊2日間)
 @ 10 11  日
   
 A 17 18  日
   
 B 24 25  日
お申し込みは⇒申し込みフォーム

プログラム

1日目 2日目
 (受付12時〜13時30分)
 13:30〜14:00  礼法作法実習
 14:00〜15:00  開講式
 15:00〜16:15  童心行
 16:15〜17:30  講 話
 17:30〜18:15  水行方法について説明
 18:15〜19:45  夕 食 
 19:45〜20:45  反省行
 20:45〜21:30  水 行(みそぎ)
 21:30〜22:00  直 会(なおらい) 
 22:00〜23:30  入 浴
 23:30〜24:00  就寝準備・消灯
 05:30〜06:10  起床・乾布摩擦・洗面・整容
 06:10〜07:00  朝の行事
 07:00〜08:30  神宮の内宮参拝
 08:30〜09:30  朝 食
 09:30〜11:30  講 話
 11:30〜12:10  掃除に学ぶ
 12:10〜12:45  閉講式 

 
  

講習会参加要項

主  催 公益財団法人修養団(SYD)
対  象 社会人・一般
定  員 100名
会  費 22,000円(税込) 指導料・資料代金・宿泊・食事代金を含む
申込方法 ○申し込みフォームよりお申し込みいただけます
     ○郵送、FAXの場合は参加申込書(PDF)を印刷願います。
        必要事項ご記入のうえ、下記あてにお送りください。
     ○E-mailの場合も、参加申込書の様式に沿って必要事項を記入のうえお申込み願います。
        ※ 申し込み締め切りは各会期の一週間前です。
お申込み・お問い合わせ先 
     公益財団法人修養団 伊勢青少年研修センター
     〒516-0024 三重県伊勢市宇治今在家町153 
     電話:0596(25)0265  FAX:0596(25)0309 E-mai: ise@syd.or.jp 
持ち物・アクセス
     ○講習会参加の手引きをご覧下さい。
 取引銀行       
     《取引銀行》 百五銀行内宮前支店 (ひゃくごぎんこう ないくうまえしてん)
     《口座番号》 普通預金 29143 
     《口座名義》 公益財団法人修養団  (ザイ)シュウヨウダン

会場施設 ○施設案内をご覧下さい。


 ◇主な参加企業
(公社)東京青年会議所 米田薬品工業梶@内藤建設梶@潟Xリーティ 竃蜻q組 吾妻商事梶@播磨薬品梶@鈴木建設梶@叶エ水屋 鍋屋バイテック会社 叶ケ凰 NPOおのみち寺子屋 税理士法人大樹 (公社)野田青年会議所 三光商事 叶ツ樹 潟qュウマンウェイヴ 塚本建設梶@葛{脇塗装店 高田孝生社会保険労務士事務所 森紙器梶@Arai Building co 山香庵 平塚製菓梶@猿田税務会計事務所 椛謌鼡熨ョ製作所 モデリング梶@泣gミタ自動車 叶エ一急配 褐平 司法書士木村博行事務所 (公社)岐阜青年会議所 潟Wュアス 潟Xリーティ運輸 (一社)綾瀬青年会議所 轄K建 日新林業梶@湖北ベニヤ梶@島根県合板共同組合 鞄新 すみちゃんの絵手紙塾 潟Aフェクション ()藤沢青年会議所 ()草津青年会議所 アプト レザーテック・ジオ ファクトリー 日の丸写真館 ()ライフサポート 株翠ョ アリアコーポレーション 焼肉宵諸 合同会社ASIZ ()ヴェルライス NTT西日本 足立会計事務所 ()古川印刷 (一社)甲府青年会議所 ()下妻青年会議所  56期青経塾 119 潟Nレージャ (有)丸善倉庫 ()小松工業 潟Aクティス 朝日商事梶@()春日商會 KRH梶@椛P都 潟gーテック おばんざいスナック喫茶うらうら ホッタ販売梶@サカモト乳販梶@潟Wーシー 潟gンボ 滑ロ木屋工務店 轄ェ本金物 葛サ和サイン ゼスト梶@潟潟Nルート MAP経営 潟<fィカルケア 潟Wェネラス 米田釦 潟c潟Iト 潟c潟Iトプロダクツ 日東精工梶@竃L長板金工業所 (社)伊賀青年会議所 (一社)四日市青年会議所 (公社)志摩青年会議所 ()鈴鹿青年会議所 ()熊野青年会議所 (公社)津青年会議所
(公社)松坂青年会議所 ()名張青年会議所 ()桑名青年会議所 株コ電気商会 
戸川三屋鎮守の里を育む会 ()岩崎工業 三承工業梶@鞄立システムズ 藤原産業 新日鐵住金梶@日鉄住金プラント梶@日鉄住金ユナイテッド和歌山 日鉄住金マネジメント梶@日鉄住金鋼鉄和歌山 
()藤井寺青年会議所 潟~ズノ  
※順不同・敬称略 ※平成24年〜25年参加企業、団体

 


初詣・新春の集い
心のふるさと伊勢にお集まりいただき、 伊勢の神宮に「初詣で」して、 新春を寿(ことほ)ぎ 実り多き一年の出発にいたしませんか。 心の故郷(ふるさと)と親しまれ、日本人には、 深くかかわりを持つ伊勢は、いにしえの歴史と伝統が、 今に生き続けている所です。 この伊勢で新年の慶びを共に分かち合い、すがすがしい年の 始めとすることは、自分自身の生き方・あり方を考える良い 機会と考えられます。お1人からご家族までどなたでも参加 していただきます。
平成30年
○1月7日(土)
◆受   付 午後1時〜2時  
◆開   会 午後2時
◆ふれあいタイム・餅つき
楽しい;レクで新しい出会いを。なつかしい臼と杵での餅つき。つきたてお餅は最高。
◆お 話  
◆伝統芸能にふれる 
◆交 流 会  
◆入  浴・懇  親 
○1月10日(日)
◆朝 食  
◆内宮御垣内参拝(特別参拝)
◆『内宮めぐり・・20社』または、自由散策   
◆昼 食・閉 会 〜13:30 

〔会  費〕 大人・高校生以上 20,000円(税込)  子供 5,000円(税込)
※ 会費には、受講料、宿泊・食事代など含みます。
〔定  員〕 150名

神宮・内宮の特別参拝と内宮20社めぐり 神路山のふもと、五十鈴川ほとりに広大な神域がひろがる。垂仁天皇の皇女、倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神(あまてらすおおみかみ)の鎮座地を求めて各地を巡幸の末に定めた聖なる地である。神域と俗界を分かつ宇治橋を渡り、五十鈴川の御手洗場(みたらし)を過ぎると参道は神杉が天をつく深い森に吸い込まれて行く。
●探訪・・自由散策 伊勢神宮の内宮鳥居前一帯は平安の昔より伝わる神職「御師」が、神宮参拝者のために祈祷、お神楽を奉し、宿を提供していた(明治の初めまで)。 「おはらい町」と呼ばれる通りには江戸時代の建築物も含め神宮関係の建物、餅屋、酒屋、土産物屋が建ち並び、伊勢特有といわれる切妻・妻入りの町並みは大勢の観光客で賑わっている。町全体が生きた文化を今に伝えている。 ※“お伊勢さん”は、天照大御神をお祭りする皇大神宮(内宮)と、 豊受大神宮(外宮)を正宮として、14の別宮と109の摂社、末社、所官社、合わせて125社から成り立っています。 内宮、20社をめぐります。 ※ SYDスタッフ・ボランティアスタッフがご案内します

申込⇒ 申し込みフォーム


神嘗祭特別講習会
古来より「豊葦原(とよあしはらの)瑞穂國(みずほのくに)」と称されてきた我が国は
稲をはじめ穀物が実り豊かに実る国として
遠く神話の昔よりお米で以って文化・伝統を育んでまいりました。
10月、伊勢の神宮において神嘗祭(かんなめさい)がとり行われます。

神嘗祭(かんなめさい)とは
天皇陛下がその年に収穫された新穀(しんこく)(初穂)を神宮に奉納され
大御神(おおみかみ)さまの御神徳に感謝申し上げる重要なお祭りです。

浄闇(じょうあん)の静寂(しじま)に包まれた千古の深い杜(もり)において
神代(かみよ)からの道を連綿と守り伝えてきたこの尊いお祀(まつ)りは、
大自然を敬い畏れてきた祖先の心に触れ
魂の奥にねむる日本人の精神を呼び醒まします。
 国の肇(はじめ)に繋がる神嘗祭(かんなめさい)にて原点を見つめ直してみませんか

平成29年10月15日 初穂曳き行事参加
         16日 神嘗祭を奉観
         17日 内宮御垣内参拝 

※注意 16日夜の神嘗祭(内宮)祭儀奉拝は、神宮より許可を受けた参加者数(枠)での奉拝となります。近年の神宮に対する関心の高まりで 申請数はかなり増えており、申請が総て認められるとは限りません。その場合、道場にて催行する神嘗祭奉祝祭へのご参加となります。

神嘗祭特別講習会
・案内パンフ⇒神嘗祭特別講習会(PDF)
・お申込みは⇒申込フォーム 
お申込み前に必ず上記の※注意をご覧ください

初穂曳き


共催事業
A、 伊勢の風を感じる会   
平成29年6月16日(金)〜17(土) 終了いたしました

B、 神話を体感する会 神話を体感する会・思い出画像
平成29年12月16日(土)〜17日(日) 開催予定





お知らせ