SYDホールへのアクセス SYDのスケジュール
SYD公式ページ
ホーム ボランティア キャンプ セミナー ホール SYDの活動をさらに webかわらばん 伊勢青少年研修センター SYDホール
calendar kojyoai nyuukai kouenkai book sosiki s_syd tanemaki koukai link question

SYDのご紹介

SYD(公益財団法人修養団)は、人生の充実を願い、心を磨き、潤いのある家庭や地域社会、職場を作ろうとする人たちの集まりです。

1906年(明治39年)2月11日に、東京師範学校(現在の東京学芸大学)に在学中の蓮沼門三(1882~1980)を中心とする学生達によって創立されました。

平成23年3月22日には内閣総理大臣より「公益財団法人修養団」として、認定を受けた社会教育団体です。

2016年2月には創立110周年を迎えます。

“愛と汗”の精神を理念とし、世界の福祉と平和に寄与することを目的として、「心の教育」一筋に青少年の健全育成を中心としたさまざまな活動をおこなってまいりました。

今、みんなの幸せを願う『幸せの種まき運動』を全国的に展開し、各地(国内外)で多彩な活動が展開されています。

平成27年度 基 本 方 針

創立110周年!愛と汗の原点を見据え
心ひとつに進めよう“幸せの種まき運動”

s_syd_110aniv

 明治39年2月11日東京府師範学校において蓮沼門三を中心とした学生達によって旗揚げされた修養団は幾多の苦難を乗り越えて、平成28年2月11日に創立110周年を迎えることとなりました。

この110年間、修養団は変わることなく、全ての人が愛と汗を実践して「総親和・総努力・総幸福」の明るい世界を実現させることを願って“愛汗運動”を展開して参りました。

創立110周年を迎える平成27年度は、この“愛と汗”という修養団運動の原点をしっかりと見据え、創立90周年以来続けている「こんにちは!」という“ふれあいの種”、「どうぞ」という“思いやりの種”、「ありがとう」という“よろこびの種”の三つの幸せの種を一粒でも多く自分の周りに、そして社会にまいていこうという“幸せの種まき運動”がより大きなムーブメントとなるように継続して実施していきます。

自分の家庭に、地域に、学校や職場にそして世界に“幸せの花”が咲き誇ることを願って、今年度も役職員、会員同志そして関連団体・機関と心をひとつに、手を取り合って“幸せの種まき運動”を進めて参ります。

理事長随想

道徳教育と修養

御手洗 康


理事長室に、第二代後援会長の小倉正恒先生の書で「勤成」(つとめなす)という扁額(へんがく)が懸(か)かっています。 普通の人であっても努力すれば立派な徳(人格)をつくりあげることができるということです。

蓮沼門三先生は「修養団の精神」の中で、人生の目的は人格の向上にある。教育者の人格しだいで社会は必ず改善することができる。 そのために教育者は人格の修養に努めて社会改善の先導者にならなければならない、と述べています。修養の目的はまさに人格の向上にありということです。

今日、道徳教育の充実が学校教育の大きな課題になっています。いじめが大きな問題となったため、道徳を「教科」にして学校教育の中でもっとしっかりやっていこうということになりました。 そこで何よりも必要なことは教師の資質すなわち人格の向上です。 もちろん道徳教育は学校だけで完結するものではありません。 家庭はもとより地域や社会全体で大人が子どもたちが見習うべき手本を示さなければ、学校で道徳教育をいくら強化してもそれだけで効果を上げることはできません。 青少年の道徳性の向上を図ることは社会全体の課題です。

少子・高齢化や地域社会の変貌(へんぼう)などの社会の変化に伴って、青少年の教育環境は従来とは大きく異なっています。 社会的・経済的な格差の拡大や貧困の連鎖などによる機会の不平等、家庭教育の崩壊なども大きな問題です。 さらに、科学技術や情報化の著し(いちじる)い進展が人々の生活や行動様式、考え方にも変化を引き起こし、従来の常識や価値観にも大きな影響を与えています。 子どもたちを取り巻く環境が大きく変化しているのですから、それにしっかりと対応した教育が行なわれなければなりません。 社会の発展や学術・科学技術の発展、グローバル化などの変化に対応できる青少年の育成を目指して知識重視の教育から、自ら考え課題を解決する力を重視する教育に転換するようになったのもそのためです。

我が国では、たとえば相撲の世界でもよく「心・技・体」と言われるように、伝統的に「知・徳・体」は一体のものとして捉(とら)えられています。学力を向上させるためには意欲を高め、継続や努力を大切にする価値観を育成することが大事です。 徳の伴わない知識や知力は社会にとっては何の役にも立ちませんし、時によっては大変危険なものにもなります。

青少年の道徳の向上を図るためには社会全体が道徳の向上に努め、一人の争う者も無く、一人の怠る(おこた)者も無い社会をつくるための努力をしていく必要があります。

本年度の基本方針は「創立110周年!愛と汗の原点を見据え、心ひとつに進めよう“幸せの種まき運動”」です。

総親和、総努力による総幸福の世界の実現を目指して力を合わせ、110周年に向かってしっかりと幸せの種をまいて行きましょう。

s_syd_director
●みたらい・やすし/昭和44年文部省入省。教育助成局長、初等中等教育局長、文部科学審議官等を経て、 平成15年文部科学事務次官。17年放送大学学園理事長、23年帝京大学顧問・帝京大学教職大学院客員教授、教科書研究センター 副理事長。25年修養団理事となり、26年6月理事長に就任。


「創立者・蓮沼門三」と「誓願」

●誓願●

人よ醒(さ)めよ醒めて愛に帰れ
愛なき人生は暗黒なり
共に祈りつつ
すべての人と親しめ
わが住む郷(さと)
一人の争う者もなきまでに

人よ起(た)てよ起ちて汗に帰れ
汗なき社会は堕落(だらく)なり
共に禱(いの)りつつ
すべての人と働け
わが住む里に
一人の怠(おこた)る者もなきまでに

 SYDは明治、大正、昭和、平成と約1世紀にわたり民間の社会教育団体として、総親和・総努力・総幸福の社会実現をめざし、 青少年の健全育成を柱に家庭教育、社会人教育など多彩な事業を展開してきました。

右掲の「誓願」はSYDの創設者である蓮沼門三初代主幹が作り、大正9年にSYDの機関誌である「向上」に掲載されて以来、すべてのSYD活動の基本理念として受け継がれているものです。

東京師範学校の仲間と蓮沼門三

 修養団創立への道程は明治36年(1903年)、蓮沼門三が東京府師範学校へ入学し、汚れた寄宿舎を見かねて単身美化活動を始めたことに端を発します。

 門三青年は単身この美化活動を続け、同志が生まれたのは37年1月に入ってからでした。雑巾をしぼった時、腫れあがった手の甲が破れ鮮血が吹き出し、 バケツの水を赤く染めても、雑巾がけを続ける門三を見た同室の一人が心を動かされ、協力を誓ったのです。それからは次々と同志が生まれました。

 こうして明治39年2月11日、師範学校の食堂に、全職員、学生約400人が集い、修養団が産声を上げました。

SYD創立100周年記念大会

SYD創立100周年記念大会SYDは、2006年(平成18年)2月11日に創立100周年を迎えました。
 創立100周年にあたり、2005年(平成17年)11月13日(日)に東京都渋谷区の明治神宮内にある明治神宮会館でSYD創立100周年記念式典・記念大会を盛大に開催いたしました。 その際、SYD創立100周年にあたって天皇陛下よりお言葉を頂きました。

天皇陛下のお言葉(全文)
「本日、修養団創立100周年記念大会に臨み、多くの関係者と一堂に会することを、誠に喜ばしく思います。
 修養団は、明治39年、東京府師範学校において、蓮沼門三を中心とする学生たちによって創立され、 以来100年の長きにわたり、「愛と汗」の実践という理念の下に、幾多の困難を乗り越え、幅広い社会教育活動を展開し、 人材の育成を通して社会に貢献してきました。 30年前、創立70年記念大会において、当時既に90を超えられた蓮沼門三主幹にお会いしたことを思い起こしつつ、 氏の運動を支え、今日まで継承してきた関係者のたゆみない努力に対し、深く敬意を表します。
 お互いに思いやりの心を持ち、愛し合い、共に働き、良き社会を建設しようという修養団の精神は、 高齢化の進むこれからの我が国の社会にとっても、また、我が国の人々が、今後貧困や紛争など、 世界における様々な問題の解決に貢献していくに当たっても、大きな意義を持っていくものと思われます。
 ここに、修養団の創立100周年を祝うとともに、修養団の様々な事業を始め、我が国における社会教育活動が、 人々の幸せと世界の平和を目指して、更に力強く展開されていくことを願い、大会に寄せる言葉といたします。」 (於:明治神宮会館)

footer